フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 辛抱~辛抱~♪ | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【52】カレーだって大丈夫の続き »

『料理のマネジメント』・・・酒井穣(著)

2012年3月19日

2011年11月21日発行・・・2012年3月17日読みました
【目次】
1.ビジネス・パーソンの料理、その基本戦略を考える
2.美味しいとは、どういうことだろう?
3.最低限おさえておくべき料理の基本
4.ビジネス・パーソンがプロに勝つ料理
5.さらなる顧客満足のために

pen  私の心に残ったこと
★「美味しい」という感情を決めるのは、料理をする自分ではなくて、
   自分の料理を食べてくれる家族や友人(=顧客)です

・  ランチェスターの法則
    ⇒狭いところを選びかつ、敵よりも良い武器を持つ
・  安全な味だからこそ、私たちは「おふくろの味 」を美味しく感じる
・  塩味のコントロールにこだわることが重要
・  おろし金だって食材を切っている
・  強火をやめると、誰でも料理がうまくなる
・ 裏ワザ、レモン汁を使う!
    ⇒水道水にレモン汁3滴⇒ただし、カルキを抜いた水は腐りやすい
・  ご飯を炊く
    ⇒注いだ水は、「ぬか」を切るために、
    ザルを使って毎回完全に取り除く必要があるのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「誰かのために、何かをして、喜んでもらう」という経済学を、料理に応用。
料理は、喜んでもらうための手段♪
プロ顔負けの料理ではなく、家族やお客様に
喜んでもらえる料理の知恵がいろいろ書かれていました。
ここにも書かかれていた“お米の研ぎ方”。。。
お米を研ぐ時、ボールとザルを使い、
お米をといだらさっとザルを引き上げ水を切る方法を
ずっと前、臼井由妃さんの本で読み活用させてもらっています。
それまで、お米を研ぐ作業が好きでなかったのですが、
今は好きに変わりました(笑)
この本で紹介されている知恵を
毎日の暮らしにせっせと役立てていきたいと思います。

応援クリックが更新の励みになります⇒ブログランキング

« 辛抱~辛抱~♪ | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【52】カレーだって大丈夫の続き »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ご紹介いただいた本書の著者です。まずは本書のお買い上げ、ありがとうございました。また、嬉しいコメントを頂戴し、ありがとうございます!今後とも、よろしくお願いします!

cherry 酒井穣さんへ
こんばんは。
ご丁寧にありがとうございます!
会社=家庭とみながらビジネス書を読むのが好きです。
ドラッカーの『マネジメント』も好きなので
『料理のマネジメント』というタイトルにすごく惹かれました♪
★ビジネスの鉄則はキッチンで学べ!
いいですね(o^-')b
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/44532892

この記事へのトラックバック一覧です: 『料理のマネジメント』・・・酒井穣(著):

« 辛抱~辛抱~♪ | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【52】カレーだって大丈夫の続き »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック