フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« ベロニカオックスフォードブルー開花 | トップページ | 『負けない自分になるための32のリーダーの習慣』・・・澤穂希(著) »

『木を植えた男』・・・ジャン・ジオノ(著)

2012年3月9日

1992年11月15日発行・・・2012年3月5日読みました
たった一人で、荒れはてた地を緑の森によみがえらせた男の物語
pen   私の心に残ったこと
★ゆうに一万人をこえる人たちの幸せが、
エルゼアール・ブフィエによってもたらされたことになる

・  男はほとんどしゃべらなかった。孤独な人とはそうしたもの
    それがかえってゆるぎない自信と風格を感じさせる
・  羊飼いのもてなしは、心やすまるものだった
・  百粒のどんぐりを植えこんでいった
・  木のない土地は死んだも同然
    ⇒不毛の土地に生命の息吹きをよみがえらせる
・  創造が新たな創造を生み、そこからさらなる創造が生まれる、
   そんな連鎖のはたらきが思わぬ成果をもたらしていた
・  第一次世界大戦の時と同様、
    第二次世界大戦中も、ただもくもくと木を植えつづけた
・  1947年、エルゼアール・ブフィエは、
    バノンの養老院において、やすらかにその生涯を閉じた

≪箱入り嫁のつぶやき≫
それでもなお、人を愛しなさい』の中で紹介されていました。
この物語は意味のある人生についてのわかりやすいたとえ話です。
毎日、人のために希望を植え、幸せを育てる人生です。。。
一部抜粋
発売直後、夫が知り合いの方からいただいた本で、
ずっーと我が家にある本です。
“何かためになる仕事をしたい”その気持ちだけで
もくもくと木を植えつづけた・・・エルゼアール・ブフィエ。
繰り返し読みたい本です。

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« ベロニカオックスフォードブルー開花 | トップページ | 『負けない自分になるための32のリーダーの習慣』・・・澤穂希(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

人のために…
ということは本当に大切です。
それが生きる意味かもしれませんね。

そうですよね
人の字が支えあうのは
しっていても、なかなか実行は難しいですよね。

便座取り付けすご~~~い!
我が家は電気工事からだったんですけど
次からは大丈夫です。

cherry きっちゃん♪へ
こんばんは!

何がうれしいって
私のしたことを誰が喜んでくれたら
それが一番かもねwink

cherry 茶々さんへ

やはり
どんなにがんばっても
ひとりでは生きられないですよね^^*

便座!やったでしょ(笑)
まったくブログUPは考えてなかったので
写真もとってなかったんですが、
夫と友達からUPしたらと言われ急きょ記事にしました ('-^*)/

私ができたくらいだから
茶々さんならばっちりですね!!
お金浮きますよぉ~(o^-')b

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/44416748

この記事へのトラックバック一覧です: 『木を植えた男』・・・ジャン・ジオノ(著):

« ベロニカオックスフォードブルー開花 | トップページ | 『負けない自分になるための32のリーダーの習慣』・・・澤穂希(著) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック