フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【47】ファンヒーターのお手入れ | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【48】一輪挿し »

『学校で教わらなかった20代の辞書』・・・千田琢哉(著)

2012年2月8日

2010年11月29日発行・・・2012年2月7日読みました
pen  私の心に残ったこと
言葉をたくさん知っている人より、
   言葉の解釈をたくさん考えた人のほうが、もっと強い

・  言葉の解釈を自分で拡げていくことによって、
    確実に強靭な精神力を身につけていくことができ、同時にやさしくなれる
・  気づくことができることこそが、自分を拡げていくことに他ならない
・  気づくということは、何気ない現象を見て、「ん?」と感じることだ
・  挫折とは、10年後に笑うために与えられた幸せの種
【後ろ】大人になるということは、後ろに目がつくということだ
【エレベーター】その人の人生はエレベーターで露呈される
【コミュニケーション】たとえ勘違いされても、相手に伝わったことがすべて
【質問】1つに絞れない質問はつまらない
【捨てる】迷ったら、捨てる
【濡れ衣】濡れ衣を着せられるのは、運の貯金だ
【眠り】よく生きることと、よく眠ることはまったく同じだ
【マネジメント】考え続けることが大切なのだ
【夢】「・・・したい」から「・・・している」にすると、夢から現実になる
【ん?】「ん?」の数が人生を決める

≪箱入り嫁のつぶやき≫
社会人になってからは、
辞書の3番目や4番目こその解釈がより大切になってくる。
深いなぁ。。。
ここまで年を重ねてきたら
その分若い人よりはたくさんの解釈を考えてきたのかな。
だんだんとラクな生き方も見えてきたりするから。
もし、挫折から逃げそうになっても大丈夫だ。
本書を片手に、共に乗り越えていけばいいのだから。

とあるように、この本をめくりながら言葉の力に支えてもらえば
怖いものはないかも ('-^*)/
言葉って素敵だなって思いました。若い人たちにおすすめです。
私にも十分役立ちましたが(笑)


応援クリックが更新の励みになります⇒ブログランキング

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【47】ファンヒーターのお手入れ | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【48】一輪挿し »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/44020587

この記事へのトラックバック一覧です: 『学校で教わらなかった20代の辞書』・・・千田琢哉(著):

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【47】ファンヒーターのお手入れ | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【48】一輪挿し »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック