フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『私の赤い手帖から』・・・三浦綾子(著) | トップページ | 人気の塩麹♪ »

『ストーリー・セラー』・・・有川浩(著)

2012年1月16日

2010年8月20日発行・・・2012年1月14日読みました
pen  私の心に残ったこと
あたしは、この物語を売って逆夢を起こしに行くのだから。
       「『ストーリー・セラー』はいつ本になるの?」
        「あれは分量がハンパだからちょっと収録しにくくて・・・」

        前は女性作家が死ぬ話だったろ?
        今度は女性作家の夫が死ぬ話にしてみたら?

         随分お待たせしましたが、
         『ストーリー・セラー』の対になる話はこれにしたいと思います。
【Side:A】
君は最後までなんて男らしかったんだろう。そんなきみがすきだ
・  飛べても飛べなくても君は何もなくさない。俺は一生君のファンだ
・  決まり文句を口にする
   ⇒納得のいく条件がいただけましたので、
    この案件についてはこれで手打ちということで
・  思考した分だけ生命力を削られるいう奇病に冒されたのだ
   ⇒致死性脳劣化症候群
・  最後まで生真面目で男前な彼女だった
【SideB】
俺たちは最強だったよな・・・そうだね、最強だったね
・  ロマンチストなくせに理屈っぽい
・  目配りのいい男は嫌いじゃない
・  急いでください。人を撥ねない程度に
・  非常時に一番強いのはアナログだ
・  二人で別々のことをしていたら睦まじそうに見えないから、
   そんなわけのわからない基準も知るか。
・  誰もいない暗い部屋に帰ると心が折れる
・  夢なら不幸は逆夢だ
・  元気に死に損なおうね
   ⇒どうやら「し損ねる」という言葉にはツキがある
・  逆夢は小さなところから地味に叶った
・  これも小さく逆夢だった

≪箱入り嫁のつぶやき≫
私は小説を読むのが得意でないので、
有川さんの本も『阪急電車』『県庁おもてなし課
2冊しか読んでいません。『ストーリー・セラー』が3冊目です。
どの本にも私の好きなタイプ、
あこがれるタイプの女性が描かれています。
実は男前な女の人が好きなので、その点はスカッとしました。
どこまでが事実なのか・・・気になるところですが
あたしは、この物語を売って逆夢を起こしに行くのだから。
のひと言で、私は気持ちよく読み終えました。
他の人の読み方とは少しちがってるかな。。。
表紙も素敵でした!!
応援クリックが更新の励みになります ('-^*)/ ブログランキング

« 『私の赤い手帖から』・・・三浦綾子(著) | トップページ | 人気の塩麹♪ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはshine

私も男前な女の人が好きです。
読んでみたいですが、単行本なんですね…
有川さんの本は外れがないと思いますwink

cherry きっちゃん♪へ
こんばんはshine

きっちゃんも男前な女の人好きですか。
一緒でうれしいです^^*
はい、単行本ですね。。。
どこまでが本当なんだろう・・・と
なんとも不思議な気持ちになる本でした。
あと、表紙がとっても私好みでした♪

私も機会をみて他の本も読んでみようかな。

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/43749859

この記事へのトラックバック一覧です: 『ストーリー・セラー』・・・有川浩(著):

« 『私の赤い手帖から』・・・三浦綾子(著) | トップページ | 人気の塩麹♪ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

最近のトラックバック