フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 誰か(何か)に不満や違和感があるなら・・・ | トップページ | 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』・・・見城 徹 (著), 藤田 晋 (著) »

『病気は才能』・・・おのころ新平(著)

2011年12月25日

2011年9月20日発行・・・2011年12月21日読みました
この本の目的は、
ココロの力で、あなたの病気を病気でなくしてしまうことにあります。
そのSTEPは3つ。

~~私自身にココロの力で大病を克服したという
                             奇跡的治癒体験があるからです~~

第1の扉   症状のイメージを崩壊させる
第2の扉   病気のココロにふれる
第3の扉   カラダを才能化させる

pen  私の心に残ったこと
★今は「病気」や「不調」という
カラダの内側でしか表現されていないエネルギーを、
上手にカラダの外側へとシフトすれば、
それは、その人の「才能」とな
りうるのです
・  病気とは、新しい自分を創り出すことでしか克服できない
    ⇒まずは、病気を肯定してみること
・  ゲシュタルト崩壊
    ⇒自らの病気や症状という状態を、一度徹底的に見つめ、
    脳に巣食ったその記憶をバラバラに崩壊させてやるのです
・  固定化されたパターンは、それを消し去ることはできません
    新たなバイブレーションを「上書き」してやるしかないのです
   ⇒涙や笑いも含めて、「感動」することは、
    カラダの内側に新たなバイブレーションを起こし、
    新たな自分を受け入れる役割をしてくれるのです
・  人は一人で元気になれない。そして、一人で病気にもなれない
   ⇒どんな病気もそうですが、
    私はその人が「自分のカラダ、治ってよし」と
    心底許可をだせるかどうかだと思っています。
    それは、今の自分の人生と、周囲の人間の関係に対して、
    心底OKを出すということです。
    すると、たとえ病気であっても、その人は健康になれます

≪箱入り嫁のつぶやき≫
“どんな病気も、1年間のうちに必ず治るチャンスがやってくる”
で始まるプロローグが、私の心をわしづかみ^^*
いっきに読みました♪
まずは病気を肯定する。自分を許し、人も許し、寛容の幅を広げる。
言葉を変える。人のいいところをどんどんほめる。
涙や笑いも含めて、「感動」する。
こんなところでしょうか。。。
とてもいいつくせないのでぜひ開いてみてください。
おすすめです ('-^*)/

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« 誰か(何か)に不満や違和感があるなら・・・ | トップページ | 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』・・・見城 徹 (著), 藤田 晋 (著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/43486389

この記事へのトラックバック一覧です: 『病気は才能』・・・おのころ新平(著):

« 誰か(何か)に不満や違和感があるなら・・・ | トップページ | 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』・・・見城 徹 (著), 藤田 晋 (著) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

最近のトラックバック