フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『病気は才能』・・・おのころ新平(著) | トップページ | 最後まで駆け抜けよう »

『憂鬱でなければ、仕事じゃない』・・・見城 徹 (著), 藤田 晋 (著)

2011年12月26日

2011年6月13日発行・・・2011年12月23日読みました
【目次】
第一章  人としての基本
第二章  自分を鍛える
第三章  人心を摑む
第四章  人を動かす
第五章  勝ちに行く
第六章  成功への動機付け

pen  私の心に残ったこと
★身体を張って七転八倒しながら、
リスクを引き受けて、憂鬱な日々をすごす。
そうやって初めて、後悔のない清々しい気持ちになれる。
これが、仕事をする上で、
そして、生きてゆく上で、何より大事なことなのだ

・  小さなことにくよくよしろよ
   ⇒神は細部に宿る
・  自己顕示と自己嫌悪は「双子の兄弟」
    ⇒その二つを揺れ動くからこそ、人としての幅が生まれ、
      それが他人から見ると、魅力に映る
・  時間というものは、人を錯覚させる
    ⇒長くかければそれだけ有意義であると思ってしまうのだ
・  苦境こそ覚悟を決める一番のチャンスなのだ
・  憂鬱こそが黄金を生む
・  刺激しなければ、相手の心は摑めない
    ⇒人は、自分にあたらしい発見をもたらしてくれるものに貪欲である
・  頼みごと百対一の法則
・  無償の行為こそが最大の利益を生み出す
・  スポーツは、仕事のシャドー・ボクシングである

≪箱入り嫁のつぶやき≫
お二人とも好きなので、躊躇なく読みました!
主婦の私にも得るところがたくさんある本でした。
成長し続けている会社は・・・・・
静止して見える独楽が、実際は素早く回っているようなものです。
主婦業も究めてみたいものです(笑)
面白かったです。おすすめ ('-^*)/

・  応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« 『病気は才能』・・・おのころ新平(著) | トップページ | 最後まで駆け抜けよう »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/43499251

この記事へのトラックバック一覧です: 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』・・・見城 徹 (著), 藤田 晋 (著):

« 『病気は才能』・・・おのころ新平(著) | トップページ | 最後まで駆け抜けよう »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

最近のトラックバック