フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【39】壁紙の黒ずみ | トップページ | 浮遊しているマリモちゃん♪ »

『利他のすすめ』・・・大山泰弘(著)

2011年11月15日

2011年4月29日発行・・・2011年11月14日読みました
チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵
【目次】
第一章   何千年たっても変わらないこと
第二章   誰かの役に立ってこそ、幸せ
第三章   「利他の心」が人生を拓く
第四章   「幸せな自分」をつくる
終章      誰もが働ける、幸せな世界を

pen   私の心に残ったこと
人のせいにしないから、自分が磨かれる
★人の役に立つことこそ、幸せ

・  人生とはシンプルなものだ
  「利他のこころ」で生きれば、必ず幸せになれる
・  お釈迦様の時代から変わらない「無言の説法」
・  障害者のせいにはできない
・  どんな重い障害を抱えていても、人は必ず成長することができる
・  「待つ」ことによって、
  私たちは、「絆」という大きな果実を得ることができるのです
・  自分が変われば、相手も変わり始めます
  ⇒自分にとって「当たり前」のことが、
   必ずしも相手にとっての「当たり前」とは限りません。
   むしろ、自分の考えが相手には通じないことのほうが普通なのです
・  「答え」にいたる方法には、無限の可能性があるのです
   ⇒仕事で大切なのは「結果」です
・  相手の立場にたって相手に伝わるような対応をする力をつけていきます
・  人の脳は誰かの役に立つことを幸せと感じるようにできています
・  迷ったときこそ、人のために動く

≪箱入り嫁のつぶやき≫
大山泰弘さんとは、
知的障害者とチョークをつくって50年・・・・・
「日本でいちばん大切にしたい会社」をつくった経営者です。
人のせいにしないから、自分が磨かれる
心に響きました!!
知的障害があると伝わりにくいこともあるけれど、
それを障害のせいにせず、
相手の立場にたって相手に伝わるような方法を考える。
それは相手が健常者であっても同じこと。
自分にとって「当たり前」のことが、
必ずしも相手にとっての「当たり前」とは限りらないから。。。
わかっているつもりだったのになんだか“目からうろこ”でした。
重みのある言葉がたくさんありました。
おすすめです!!
応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【39】壁紙の黒ずみ | トップページ | 浮遊しているマリモちゃん♪ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

決して人のせいにしないことを
決めると段取りもよくなって
正しく伝える術も見についてくるのでしょうね
なかなかですが、
自分のものにしたい生き方ですよね

今日も勉強になりました~♪
人のために・・・ほんとですね。私ももっと意識しよう。
今調度障害者に関する仕事をしてたので、なるほどなと思いました。この本、読んでみたいです!P!

おはようございますsun

「利他のこころ」
これが一番大事なんでしょうね。

障害があることで気づくことができる
喜び、幸せもあると思います。

「当たり前」が「当たり前でない」から
ぶつかって問題が起こるんですよねcoldsweats01

cherry 茶々さんへ
齋藤一人さんの本に、
“自分の人生、うまく行かなくても、「自分が悪いんだ」って思うと、
別のやり方が出てきて、奇跡的に状況がよくなってくるんです”
というのがあって、
何かあるたびに意識していたのですが、
ふっと、ほんとにふっと
人のせいにしている自分がいて、反省です!
自分のものにできたらいいなとつくづく思います。
修行ですね(o^-')b

cherry まつんこさんへ
ありがとうございます^^*
いろいろなことに関連のあるお仕事されてるんですね。
この本、175ページです。
『18』のお話になっています。
とっても読みやすいと思います。ぜひぜひ (^-^)/

cherry きっちゃん♪へ
こんにちはsun
大山さんも書いておられましたが、
復興に向けて力を合わせていかなければならない今こそ
「利他のこころ」を大切にしていきたいですよね(o^-^o)

障害を持って生まれてもそれは個性、と強い母なら言いますね。そこまで割り切るには、悲しいことも腹が立つことも、うれしいことも、全部ひっくるめて、私は真剣に生きていますよ、これ以上は無理ですよ、と言えることが多分必要。私は時々冷たい目で人を見ます。でもその状態が一番他人に信頼されることを知っている。矛盾と受け止めるかもしれないけれど、小賢しい男はたいていそんなふうだよ。女の人の母性はやはり必要。
チョークの工場、経済番組で見たことがあります。貝殻を砕いて材料にするんだってね。逆転の発想で、ほんの少しだけ経済訴求力がある。でもさ、癲癇でのたうちまわって暴れたりすることも、あるんじゃないかな?製造の簡単なクッキーの直売なんかもありますよね。障害者手帳があれば、死ぬことはない。身元もわかるし、給付もしてもらえる。障害が個性、改めてその言葉がしっくりこないことを、恥ずかしく思うべきなのだろうね^^;

cherry 時雨さんへ
経済番組でご覧になったんですね。
私はこの本で初めて知りました。
この貝殻に行き着くまで、そして商品化まで紆余曲折があったようです。
奇声を発したり、動き回ったりもあったようです。
中には、鎮静剤を服用しなければ通勤できないほど
重度の行動障害の方もおられたようで・・・
でも社員さんたちの協力もあり、
5~6年後には鎮静剤も不要になり、
欠かせない“戦力”になってくれたとありました。
このチョーク工場で“働きたい!”という障害者の方たちの強い希望を
大山さんが受けられたようです。
大山さん曰く。
「障害は個性」と言ってしまうと、彼らを幸せから遠ざけてしまうと思う。
障害の程度によって違う理解力は、障害の特徴であって個性ではありません。
それぞれ力を発揮できる仕事がちがう・・・これが彼らの個性なんだと。
障害が個性というのはしっくりこない。。。大きな気づきでした!


わおっ^^ コメが移動しているノノノ☆ すみません、お手数でした。箱入り嫁さんのブログの生真面目さの一端ですね。次からは気をつけまする~=^_^=

cherry 時雨さんへ
削除なんてできない(o^-^o)
記事の時間は変更できるけど
コメントの場合はできないのかなぁ。。。
とりあえずの変更です(o^-')b またじっくりみてみます。
何かないとじっくり見ないタイプでして・・・笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/43013961

この記事へのトラックバック一覧です: 『利他のすすめ』・・・大山泰弘(著):

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【39】壁紙の黒ずみ | トップページ | 浮遊しているマリモちゃん♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック