フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『日本一心を揺るがす新聞の社説』・・・水谷もりひと(著) | トップページ | 『愛される人生』・・・齋藤一人(著) »

和田裕美さんに続け~♪

2011年11月6日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
読んでドキっ! !
= 抜粋 =
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      『面倒くさいことに向かう』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■あなたにとって
面倒なことはなんですか?
たとえば掃除機をかけること
たとえば食器を洗うこと
たとえばアイロンをかけること
そんな日常のことにも面倒なことは
たくさんあるはずです。
それから
調べ物をすること
商品の説明書を読むこと
親に電話をかけることとか
もっと言うと
仕事に行くこと
誰かと話すこと
など、面倒だなと思うことは
人によってそれぞれに
いろいろとあるのです。
■私たちは
もちろん「好き」なことをして
生きているのが楽しいのだけれど
料理を作るのが楽しいからといって
あと片付けは嫌というのはダメなのです。
ゴミがたくさんたまってしまった
家をテレビで見たことがあります。
最初はひとつのゴミだったはずです。
「面倒だ、今度のゴミ出しの日にしよう」と思ったかもしれません。
でも、次のゴミ出しの日に
ついつい寝坊してしまい
ゴミを出しそびれて
そのまま、どんどん、面倒になって
どんどんゴミがたまっていったのかもしれません。
そして、身動きがとれない部屋になったのです。
■面倒なことから逃げていると
それはどんどん大きくなって
手がつけられないものになってきます。
動けないのは
やる気がないときではなく
ただ
怠惰になってしまっているだけのときもあるのです。
私も、掃除が面倒だなと思うときはたくさんあります。
でも
面倒なことに向かうと
その結果、得られる達成感は
予想以上に大きいので
私はいつも
「今日は面倒なことに向かう日」と決めて
その後の達成感にわくわくしながら
面倒にむかっていっています。                     和田裕美

面倒なことから逃げていると
それはどんどん大きくなって
手がつけられないものになってきます。

そうなんですよね。ガーンthunder 心当たりがあります。。。
心を入れ替え
「今日は面倒なことに向かう日」と決めて
新しい一歩を踏み出さなければ runrunrun

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   人気ブログランキングへ

« 『日本一心を揺るがす新聞の社説』・・・水谷もりひと(著) | トップページ | 『愛される人生』・・・齋藤一人(著) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/42882116

この記事へのトラックバック一覧です: 和田裕美さんに続け~♪:

« 『日本一心を揺るがす新聞の社説』・・・水谷もりひと(著) | トップページ | 『愛される人生』・・・齋藤一人(著) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック