フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【24】本 | トップページ | 永久の日 »

『ソウルメイト』・・・飯田史彦(著)

2011年10月7日

2009年5月22日発行・・・2011年10月5日読みました
プロローグ
第一章  ソウルメイトとは何か
第二章  家族関係のソウルメイト
第三章  友人関係のソウルメイト
第四章  仕事関係のソウルメイト
第五章  恋愛関係のソウルメイト
第六章  夫婦関係のソウルメイト
第七章  「ソウルメイト」概念の有効性と問題点

エピローグ 
pen  私の心に残ったこと
★すでに幸福であることに気づくための人生論
    ⇒いかなる状況にあっても
       幸福を実感できるようになった状態に至ることが人生の目標
★私たちは今、「試練」と「喜び」のたくさん詰まった、
   「人生という名のテーマパーク」に、遊びにきている

・  宇宙の正体は、物質ではなく意識である
・  人生の目的
    ⇒死ぬこと・病気、障害を持つこと・人間関係のトラブルで苦悩すること
・  ソウルメイトの存在理由
    ⇒たがいに試練を与え合うこと・たがいに喜びを与え合うこと
・  「意味づけ」の作業こそが、人生を、楽しく、有意義なものへと高めていく
・  すでに出逢っているソウルメイトたちのありがたさへと意識をむける
・  夫婦の片方が死んでしまった後は、「死んだらまた逢える」のではなく、
    「生きながら、すでに、いつも一緒にいる」というのが、真実なのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
エピローグ
~結局のところ、「運命の人」とは、誰なのか?

プロローグ

すでに、ここまで本書をお読みくださった方には、
もう、この続きはおわかりですよね?

とあるので私もあえて書きませんでした。ネタバレになるといけないから(笑)
誕生日大全』によると
私のソウルメイトには、17個の誕生日が当てはまっていました。
運命の人には、ソウルメイトとは別に4個の誕生日が。
ブロク友達とご近所友達で5人のソウルメイトを発見しました。
ブログをとおしてもやはり“ご縁”があるのかな♪
この『ソウルメイト』という本を読むと
いろいろなソウルメイトの役割がわかりよかったです。
次は『ツインソウル』を読もうと思っています(o^-^o)

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【24】本 | トップページ | 永久の日 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはshine

仏教では人は修行するために生まれてきた
と言われているくらいですよね。
死ぬこと・病気、障害を持つこと・人間関係の
トラブルで苦悩すること…
その中から喜び見つけることが大事なのかもwink

この本、読んでみたいですhappy01
あー単行本なんですね。

cherry きっちゃん♪へ
きっちゃん!これ文庫ですよ~♪
この本を読むと生きるのラクになると思います。
少なくとも私はラクになりました(o^-')b
同じことでも受け止め方で人生かわりますものね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/42338763

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソウルメイト』・・・飯田史彦(著):

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【24】本 | トップページ | 永久の日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック