フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【27】グラタン皿 | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【28】ドアノブ、水道の蛇口 »

『神様のカルテ』・・・夏川草介(著)

2011年10月14日

2009年9月1日発行・・・2011年10月11日読みました
【目次】
第一話  満点の星
第二話  門出の桜
第三話  月下の雪

神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。
夏目漱石を敬愛し、ハルさんを愛する青年は、
信州にある「24時間、365日対応」の病院で、今日も勤務中。
pen  私の心に残ったこと
立ち止まり胸を張って槌を振り上げよ!
   足下の土に無心に鑿をくわえよ!
   慌てずともよい。
   答えはいつもそこにある。
   ⇒一に止まると書いて、“正しい”と読むではないか

・  理屈ではどうにもならぬ悲哀、
  向ける方角のわからぬ憤りというものが、たしかに存在する。
   ⇒人が死ぬとはそういうことである
・  あれは木に仁王を彫りこむんじゃない。
    最初から木の中に仁王が埋まっているのを
  掘り出すだけだから、容易なものなのだ。
・  でも、最後の最後にこんな幸せな時間が待っていたなんて、
    本当に人生というものはわからないものです。
・  死にゆく人に、可能な医療行為を全て行う、ということが何を意味するのか、
  人はもう少し真剣に考えねばならぬ。
・  形にならぬ悲哀と対象の定まらない憤り、
  それらが走馬灯のように近づいてきては駆け抜けてゆく。
  ⇒人が死ぬとはそういうことである
・  私にとって、それは最先端の医療を学ぶことではなく、
    安曇さんのような人々と時間をすごすことであり、ひいては、
    細君とともにこの歩みを続けることだ。
・  お前とハルには、たった一つだけ見事な共通点がある。
  汚泥の中にも利点を見つける、おそるべき前向き思考だ。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
優しい人の回りには優しい人が集まるんだなぁ。
ハルさんのような奥さんがいたらいいなぁ。と思いました。
そして、医療現場の大変さをつくづく感じました。
病気より患者さんを診てくれるお医者さんに巡り合えたら
それはものすごくラッキーなことだと思います。
医師である前に人間。患者である前に人間。
答はいつも自分の身近にあるんですよね^^*
何事においても。。。。。

応援クリックが更新の励みになります(^-^)/ブログランキング

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【27】グラタン皿 | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【28】ドアノブ、水道の蛇口 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

神様のカルテ、映画にもなりましたね。宮崎あおい、立て続けに映画出演。花のある女優ではないけれど、画面が光りすぎないいい味。私は大河に出たころからためらわずに大女優とよんでいます。あくまで私の趣味だけれどね^^;
医者の物語はどうしても命の消えるか消えないかという話題がでてくる。夏川さんの別の小説を読んだのだけれど、主人公青年が奮闘しているけれど、少し書き方が軽いというか、情報がみっしり詰まってどの言葉から順に記すべきかわからない・・・そこまで悩んだ気配がないから、サクサク読めて、で、いまひとつ・・・(笑)。
命とか人生とかの話題でくたびれてしまったのかもね。漫画家でもいきなり人生の結末として自殺を選ぶ人がいます。充実しすぎる人生も問題。ゆっくりと著述に取り組んでほしい作家です。

cherry 時雨さんへ
はい、映画にもなりましたね。見てないですが。
もともとあまり小説は読まないけれど、
特に『○○賞』とかとった本はまず読みません。。。ひねくれてますね(笑)
この本もずっずっと前に夫が読んでいて、せっかく家にあるなら読もうかなぁ・・・
と思いながら他の本に目がいき読みませんでした。
最近なにを思ったか手にとったんですよね。。。
私の読み方は“たった一言”に出会いたいために読むようなところがあるので、
自分に合うか合わないかそれだけです。マイペースそのもの^^*
あっ!ブログはしっかり読ませていただいております。コメントなしですが(汗)
トマトと柿にはくすくすでしたね(o^-^o)
私はずっと目がよかったのに最近すこーし困ってきました。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/42500129

この記事へのトラックバック一覧です: 『神様のカルテ』・・・夏川草介(著):

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【27】グラタン皿 | トップページ | アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【28】ドアノブ、水道の蛇口 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック