フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『新 青年社長 下』・・・高杉良(著) | トップページ | 神田昌典より、フェイスブックは来年1月までが参入チャンス »

『新 青年社長 上』・・・高杉良(著)

2011年9月28日

2010年9月6日発行・・・2011年2月11日読みました
佐川急便のセールスドライバーから資金を貯め、
「社長になる」という夢を実現させた、
居酒屋チェーン「和民」の創業者・渡邉美樹。
株式上場の実現後も、本当の企業人として問われる日々が続く。
実名経済小説の傑作!

【目次】
第一章 フライデーズ一号店で
第二章 大物新人
第三章 最強の農園作り
第四章 NPO、スクール・エイド・ジャパン
第五章 香港から来た“特待生”

pen私の心に残ったこと
謙虚にひたすらな努力を続ける事の大切さを学ぶ
・  まなざしの優しさは、相手の心を」引きつけてやまず、
   初対面で気持ちを通わせてしまう。
   わけても、この夜の渡邉美樹の笑顔はとびきり輝いていた。
・  いま、300店舗分の笑顔と思い出がいっぱい
・  椎間板ヘルニアが必然だったとどうしても思えてしまう
・  人の世の儚さ、人生の儚さ、無常なることを頭でなく、体で理解し、
    無力なる自分を恐ろしい痛みと共に認識できたことが最大の収穫と思う。
・  もうひとつ忘れないでいたいことは我慢の大切さだ。
・  霊安室から蒔田の家へ行く時、奇跡が起こる。
    ⇒父が守ってくれたのだ。
・  正確には『倒産』ではなく『清算』であった

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『青年社長』という本をちらっと見て、読みたいなと思っていたら
『新』をみつけたので読みました。
『青年社長』から、渡邉美樹さんはすごい人だと思っていたけれど
ホントにすごい人!元気をもらえる本でした。
本の中で紹介されていた『無人島ウィー』という絵本もおすめです ('-^*)/
                                        (↑クリックで読めます)

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« 『新 青年社長 下』・・・高杉良(著) | トップページ | 神田昌典より、フェイスブックは来年1月までが参入チャンス »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

ワタミはかなりきれいな店らしいですね。バーの雰囲気があるとか。女性受けしたのでしょうかね、私はあまり居酒屋に行ったことがないので、居酒屋の善しあしはよくわかりません。が、渡邊社長は、福祉に進出するなど、人育てに熱心ですね。人を残せばこの世は満足。社長物語としては、どこか昭和を思わせる美談です。今後の彼の活躍も期待できそうです。
>1000匹生まれると、放流ですね、たぶん^^; 食べられる時に食べて冬眠も?ほかの魚も16℃くらいが一番活性があるようです。釣りの基礎知識。

cherry 時雨さんへ
ワタミ・・・私も行ったことないです(汗)
渡邊社長さんは手帳を活用して
次々目標を達成されるんですよね。
私も手帳大好きなんですが・・・
もっと根性があればなぁと思います(笑)

育てたメダカを放流すると
生態系が乱れるからよくないらしいです。
釣りお好きですか?
よく行ってました。今は日焼けが怖くて行けません^^*

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/42079441

この記事へのトラックバック一覧です: 『新 青年社長 上』・・・高杉良(著):

« 『新 青年社長 下』・・・高杉良(著) | トップページ | 神田昌典より、フェイスブックは来年1月までが参入チャンス »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック