フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« わっ!生まれてるし。。。 | トップページ | 挑戦的な蚊! »

『砂上のファンファーレ』・・・早見 和真(著)

2011年9月23日

2011年3月10日発行・・・2011年9月22日読みました
【目次】
     一章    母の咆哮
     二章    兄の自覚
     三章    弟の希望
     四章    父の威厳
     五章    家族の欠片

pen  私の心に残ったこと
★とっても、しあわせな、じんせいでした
・  でも、正しいばっかりじゃ、たぶん人を苦しくさせるんだよ
・  自己啓発めいたものは嫌いだが、
    信じる者にしか奇跡は訪れないという話を今だけは信じる
・  奇跡の幕に手をかけたことを予感した
   ⇒奇跡の扉がまた開いたのを実感した
   ⇒また1つ奇跡の扉はこじあけられた⇒今度は確信に近かった
・  幸せかどうか、いつか死ぬときにしかわからないんだと思う
・  苦しいことを苦しいって吐き出して、やっと家族は回りだした
・  どうせ誰だって、それぞれの余命を持っているものなんだから
・  笑ってなきゃやってられないですよね⇒苦しくても笑ってなくちゃ
・  家族って何なんだろう。その答えは死ぬ頃までにはわかるだろうか

≪箱入り嫁のつぶやき≫
タイトルと目次でなんとなくこんな本かなぁと心の中で思いながら
バラバラめくっていたら、とっても、しあわせな、じんせいでした
が目に飛び込んできました。読もう♪と思った瞬間です^^*
読んでよかったです!
『あ~あ、これがハワイならもっとよかったのにね』
これにはプッとふきだしちゃいました。
すべて読んだら同じように感じるのでは!?  (笑)

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« わっ!生まれてるし。。。 | トップページ | 挑戦的な蚊! »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

確かに家族って死ぬ頃わかるものかもしれませんねぇ。
パラッとめくって、ふと目についた言葉って自分にシンクロしてますよね。
その言葉で一冊出会って嬉しくなったり~

cherry えちごゆうさんへ
1冊の本から
たったひとこと、一行・・・
自分とシンクロした言葉に出会うとすごくうれしいですね。
えちごゆうさんのところにお邪魔するとわくわく多すぎ(笑)
やっぱり本か好き!
やめられませんねぇ~ ('-^*)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/41936622

この記事へのトラックバック一覧です: 『砂上のファンファーレ』・・・早見 和真(著):

« わっ!生まれてるし。。。 | トップページ | 挑戦的な蚊! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック