フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『2週間で一生が変わる魔法の言葉』・・・はづき虹映 | トップページ | 2011年読んだ本(141冊~150冊) »

『haru_mi 冬 Vol.18 』・・・栗原はるみ

2011年9月2日

2010年12月1日発行・・・2011年8月26日読みました
pen  私の心に残ったこと
1日引き出しひとつ分、1日1個処分するなど、
   「毎日」と「ひとつ」をキーワードに整理整頓

・  たれや常備菜など
    時間があるときにまとめて作っておくと合理的ですが
    ⇒掃除や片づけは、
        週末にまとめてなどと後回しにすると大仕事になってしまいます
    ⇒365日欠かさない習慣づけが肝要です
    ⇒さらに「毎日のルーティンにプラスワンする」を実践しています
・  年を重ねるとゆったりとしたスペースに
    好きなものを厳選してというのが快適
    ⇒引き出しも、多少のあきがあると
       見た目も美しく、整理しやすく、気持ちのゆとりも生まれます

≪箱入り嫁のつぶやき≫
憧れのはるみさんの一言、一言が心にしみます(o^-^o)
少しでも近づけるといいなぁheart04
“たこめし”レシピが、いつも私が作るものと違っていたので
さっそくチャレンジ♪ 上品な感じでおいしかったです(o^-')b
《こぼれ話》
次女のお弁当のご飯は5年以上“お赤飯”でした。
それが1ヶ月ほど前から“たこ飯”に変わりました。
ご飯がばらごはんでもおにぎりでもなく・・・“たこ飯”なんです。
おかずはふつうに作ります。
以前、もち米は5キロ単位で買い、
小豆も大きなパック入りを買っていました。すごい消費量・・・汗
もち米・小豆の前は、梅干しでしたcoldsweats01 それもこだわりのある梅干し
今は“たこ”探しの毎日です(笑)

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/   ブログランキング

« 『2週間で一生が変わる魔法の言葉』・・・はづき虹映 | トップページ | 2011年読んだ本(141冊~150冊) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント


すご~~~~いこだわりがあるんですね。
5年間って口では一言だけど
毎日とはそれはもうプロの世界ですね。
3年間でなにかが見えてくる初段だからすごい

たこめしの初期レシピから
5年後のレシピの味を食べ比べてみたい
そのまえに
お赤飯をいただきたい。

私も最近何故だかタコ飯作りたいと気になってました♪以前ピュアラブという昼の連ドラが大好きで(野菊の墓の作者、宮内婦貴子さん原作)本も読みましたが、そのなかで主人公の女性行き付けのお店がうまい明石焼きとタコ飯を出すんですけど、主人公がいつも美味しそうに食べているのであの頃タコ飯を食べたことがなかった私は、タコ飯にすごいひかれましたね(^o^;)タコ飯=ピュアラブなんです私の中では(^^;ピュアラブ原作も宮内さんの書く文章の美しさに感動しました!私の好きな本です(^.^)b

こんにちは♪

お弁当のご飯は5年以上“お赤飯、
すっご~いと思います(@_@;)
“たこ飯”も5年続くのですかsign02
“たこ”探しだけでも大変そうです…

栗原さんはCMにも出演していますね。自然体のお母さん。だけれどあたしは特技にかけてはちょっとやる女よ、みたいな流し眼45度の印象がくっきりw文章家でもあるんですね。ダイジェストしやすいトピックが並んでいます。
それにしてもお赤飯が弁当って???初潮が来ない子だったとか???不思議だ。何か理由がありそうだけれど、学校で広げるのはずかしかったんじゃないかな。私はいつも同じ鶏肉+ホウレンソウ、リンゴ、というようなメニューで、母が職業婦人でなければ文句の一つも言ったと思います。でも、食べざかりだけに完食。私は食に好き嫌いないので・・・でもって上記メニューは私の舌が肯定する物ばかり。
>親子の絆ねw 男は普通、親への愛情をラブとは表現しないよ~(笑)

cherry 茶々さんへ
言われてみれば(笑)5年~ってすごいですね!
毎日の積み重ねだとあまり感じないです。
ある期間過ぎると“慣れ”ですから。
私のお赤飯は炊飯器で炊くので簡単なんですよ。
とはいっても洗って一晩おきますけどねwink
ちょっと自慢すると・・・だんだん色合いが上品になりましたね♪

たこ飯は、鯛めしと違ってうろこや骨をのけなくていいからラク!!
お赤飯のように、洗って一晩おくことも小豆を煮ることもない・・・
たこ飯は作る私にとって天国です(o^-^o)

cherry モーニンググローリィさんへ
なんだかモーニンググローリィさんとはいろいろシンクロしますね。
モーニンググローリィさんの事が
ふっと頭をよぎるとコメントいただいていること多いです(o^-')b
“ピュアラブ”あ~私も時々見てました。
言われてみればいきつけの食べ物屋さんありましたね。
たこ飯でしたか・・・。最終回は見たのですが途中抜けていますcoldsweats01
原作本があるんですね。。。知らなかった(汗)
『米2合・酒大さじ1・みりん大さじ1・薄口醤油大さじ1。
炊いてから茹でたたこを混ぜる。』がはるみさんのレシピでした ('-^*)/
たこを後で混ぜると色がとっても上品!おもてなしに使える♪と思いました。
お弁当用は作って小分けして冷凍するので、混ぜて炊き込みました(笑)

cherry きっちゃん♪へ
こんばんはshine
はは・・・やっぱすごいですね(笑)
作った私もすごいかもしれないけど
飽きもせず食べ続けた次女はもっとすごいwink
今の所スーパーへいけば茹でたタコは売っているので大丈夫(o^-^o)
できれば安売りを・・・・なんて主婦の考えが頭をよぎらなければ買えますcoldsweats01
そろそろお弁当も必要なくなるから、5年もは作らないと思います(o^-')b
でも長女もなにかとたこ飯をよく食べるので・・・sweat02

cherry 時雨さんへ
栗原さんは『グルマン世界料理本賞 グランプリ』を受賞。
世界に向けて英語で日本の家庭料理を紹介されたり、
『ショップ&レストラン「ゆとりの空間」』をプロデュースされたり、
お忙しいはずなのに『いつも家をきれいにすることを心がけています』と。。。
生き方が大好きです(o^-^o)

ハハハすごいでしょ^^*
どんだけ食べ続けるんだろうかと夫ともよく話していました。
飽きない?と聞いても飽きないって言うし・・・。
日替わりでおにぎりとかにする?と言ってもお赤飯がいいと言うし♪
質のいいもち米を安く購入するの大変でした(笑)
でも、もち米はしっかり噛むことになるし、
小豆は、低カロリー、ビタミン・ミネラル豊富、アミノ酸バランスもいい、
小豆ポリフェノールは抗酸化活性・・・など体にいいから
食べたい!に反対する理由がなかったんです(汗)
たんにお赤飯が好きで、白いご飯が好きでないだけです(o^-^o)

お母様のメニューも理にかなっている・・・さすがです。
私にとって職業婦人!尊敬の気持ちでいっぱいになります ('-^*)/
決断・実行が早いですからね(o^-')b

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/41442069

この記事へのトラックバック一覧です: 『haru_mi 冬 Vol.18 』・・・栗原はるみ:

« 『2週間で一生が変わる魔法の言葉』・・・はづき虹映 | トップページ | 2011年読んだ本(141冊~150冊) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック