フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『47都道府県女ひとりで行ってみよう』・・・益田ミリ(著) | トップページ | 人のお役に立つために命を使う・・・ »

一人で運命を切り開くこと

2011年8月27日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
和田裕美さんにはいつもいつも元気をいただいております。
勝手にいただいているのでご本人はご存じないと思いますがcoldsweats01
なるほどなぁ~と思ったので、久々ちょっと抜粋を (^-^)/

■厳しさは
ひとりで運命を切り開くために
必要なことなのです。
人はけっしてひとりではないけれど
自分の運命を切り開いて歩くのは
自分ひとりしかいないのです。
目の前の自分の障害を越えるのも
自分ひとりしかいません。
だから私は
ときどき
厳しい環境があっても
ありがたいと思うようにしています。
■私がもっと強くなるように
ひとりで立って歩けるように
神さまがくださった
愛情ではないかと思うようにしているのです。
辛いと思う気持ちが消えるわけではないけれど
少なくとも
これが「力」になるのだと
思うだけで
乗り越え方も変わってくるものです。         
                                                            和田裕美

けっして“ひとり”ではないけれど、
自分の道は自分でしか歩けないんですね。
『厳しい環境があっても
ありがたいと思うようにしています。』

肝に銘じたいと思います(o^-')b
和田さんいつもありがとう!!

応援クリックが更新の励みになります (^-^)/→   人気ブログランキングへ

« 『47都道府県女ひとりで行ってみよう』・・・益田ミリ(著) | トップページ | 人のお役に立つために命を使う・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイムリーに今の私にずしっとくる言葉でした!

『ありがたい』となかなか思いづらいけど、今までの経験から考えてみると、すべて無駄なコトはなかったと思えるから、きっとそうなんだろうね(^_^;)

cherry 菜摘さんへ
私は今いろんな「ありがたみ」を感じています。
いい方に振れているから言えることなのかもしれないけどね。
生まれるときもひとり、死ぬときもひとり。
誰も手伝ってはくれないから・・・・
やはり強くならなくちゃいけないのかも(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/41373085

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で運命を切り開くこと:

« 『47都道府県女ひとりで行ってみよう』・・・益田ミリ(著) | トップページ | 人のお役に立つために命を使う・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック