フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 違和感、恐怖、居心地の悪さは、未来のトビラ・・・そしてカメレオン(アジサイ) | トップページ | 自分のカベを超えるエネルギーとなる・・・そして成長中の葡萄 »

『思いやりのある生活』・・・ダライ・ラマ14世 著

2011年6月3日

2006年3月15日発行・・・2011年5月30日読みました
だれもが願っている幸福な人生。
あなたはどうしたら幸せを見いだせるのだろう。
そのためになにより大切なのは、あなたのなかにある、
穏やかで優しい「思いやり」の心をはぐくむことだ。
チベット仏教の最高指導者でノーベル平和賞受賞者
ダライ・ラマ十四世が説く、人として生きるべき慈悲と平和の世界。
第一章  思いやりの恩恵。 
第二章
  思いやりを育む。
第三章  全世界に亘る思いやり。
第四章  宗教的多様性。
 
第五章
  仏教の初歩。
第六章  菩薩の道。
 
第七章
  心を鍛錬する八篇の詩。
結び:    悟りの心をもたらす

pen  私の心に残ったこと
★ 思いやりとは他者の苦しみを取り除きたいと願う気持ちのこと
   ⇒「思いやり」の心をはぐくむ⇒幸せを見いだせる
人生の目的は幸せになること
・  心とは、現実を形づくっている人間の思考や感情の中にある力です
・  他人を気づかって思いやれば、視野は広くなります
・  その人の破壊的行動は、自分にダメージを与えるにすぎないということ
・  今や思いやりと利他主義は、どこでも求められています
・  思いやりは宗教の壁を超える
・  鍛錬されていない心の状態、
   それ自体が苦しみと捉えることができるのです
・  思いやりと利他主義の実践を続けていくと、
   あなたの心は真に変化するに違いありません
・ 真の敵は外側にあるのではなく、内部にあるのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
“思いやり”がどれだけ大切なことかよくわかりました。
心のあり方は変化させられる・・・・・・
第七章の詩を何回も読み返していたら
きっと知らない間に心が鍛錬されていくことと思います^^*



ブログランキング応援クリックが更新の励みになります(^-^)/

« 違和感、恐怖、居心地の悪さは、未来のトビラ・・・そしてカメレオン(アジサイ) | トップページ | 自分のカベを超えるエネルギーとなる・・・そして成長中の葡萄 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

ダライ・ラマ偉大な方ですね。愛の人なんですよね。小田真嘉さんのブログに「何事にも心を込める、卯に心を込めると卵になる‥」(確かsweat01)と書いてありました。私の今年の目標は何事にも心を込めて実行、相手にも心を込めることが目標です。物にも人にも思いやりを持って接したいです。

cherry モーニンググローリィさんへ
小田真嘉さんのブログで・・・・私も読んだ気がします。
そんな風な内容でしたね。私もはっきりしないcoldsweats01
素敵な目標ですね。今の時代!一番求められていることかもしれません。
モーニンググローリィさんのコメントで初心に帰れたような気がします。
大切な“気づき”をありがとう(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/40237672

この記事へのトラックバック一覧です: 『思いやりのある生活』・・・ダライ・ラマ14世 著:

« 違和感、恐怖、居心地の悪さは、未来のトビラ・・・そしてカメレオン(アジサイ) | トップページ | 自分のカベを超えるエネルギーとなる・・・そして成長中の葡萄 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック