フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【1】油性マジック | トップページ | 大丈夫!生きていれば何とかなる・・・そして癒しのプチトマト »

『経済を動かす単純な論理』・・・櫻川昌哉 著

2011年5月20日

2009年4月30日発行・・・2011年5月19日読みました
pen 私の心に残ったこと
★世界を支配するキーワードは「リスク」と「バブル」です
★リスクがわかるためには、「大数の法則」を理解すればいい
   ⇒大数の法則がわかると、「証券化」もぼんやりとみえてきます
★バブルがわかるためには、基本的には利子率と成長率の大小関係で
   バブルが起きるということを頭に入れておけはいい
   ⇒そうすれば、バフルを“とらえる”ことができます

・  試行を増やすことによって、
   例えば、1の目がでる確率が確率計算で得られる理論値、
   つまり1/6に接近していく性質を「大数の法則」 といいます
・  証券化には「光」と「影」がある
・  利子率<成長率かせ成り立つ経済では、バブルは発生します
・  「金余り」はバブルとほぼ同義
   ⇒グリーンスパンの離れ技は、バブルの代替で説明がつきます
・  バブル経済の特徴【1】【2】【3】
・  「バブル代替」という概念を導入することで、
   地価の持続的下落、国債金利の低位安定、
   持続的なデフレを統一的に説明できるのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
最初見たとき、簡単と思ったのに・・・・・
読み進んでいくと頭がこんがらがって訳のわからないことに(汗)
慶応義塾大学の経済学部で使う講義ノートとしてまとめられたもの
ってことが頭の片隅にあったからかもしれません。。。
冷静になって全体像から見ていくと
分かりやすいというのがわかってきました(笑)
===複雑なものを単純に置き換える思考方法が
                              身についたのかもしれません=
==
と“あとがき”に書いておられた著者、櫻川さんのおかげです。
この本で【私の心に残ったこと】は
★世界を支配するキーワードは「リスク」と「バブル」です
なんですが、“あとがき”にもう一つ私にとって大切なものがありました。
物事の本質は何かと考えるクセをつけていけば、
   今までと違った世界が開けてくると思います。
   ぜひ、トライしてみてください。

経済の本ですが、“あとがき”でとてもいい言葉に出会いました。
枝葉を切り落としてシンプルに本質だけを残していく作業をしながら、
複雑なものを単純に置き換える思考方法!
ぜひトライしてみたいです。
“あとがき”にあった和尚さんのお話・・・好きだなぁ♪


ブログランキング応援クリックが更新の励みになります(^-^)/

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【1】油性マジック | トップページ | 大丈夫!生きていれば何とかなる・・・そして癒しのプチトマト »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/40055070

この記事へのトラックバック一覧です: 『経済を動かす単純な論理』・・・櫻川昌哉 著:

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【1】油性マジック | トップページ | 大丈夫!生きていれば何とかなる・・・そして癒しのプチトマト »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック