フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 今、できることがあるとしたら・・・何からやる? | トップページ | 竹の子の固い部分がおいしく変身♪ »

『聖書の暗号の大事なポイント』・・・船井幸雄著

2011年5月10日

2010年9月30日発行・・・2011年5月7日読みました
pen 私の心に残ったこと
★SFだと思ってもらってよいのでストレートに記します
★「世の中にはそんなこともあるだろうなあ」と
   他人事のような態度をとるのが、普通であると思います

この本で伝えたかったのは、
1.レプティリアン知的種の人類への介在(アナンヌキについてはわかりません)
    と創造主がそれを認めたことの意味
2.ムーとアトランティスなどを創造主が一度潰した意味
    (儀式、特に人を犠牲にした儀式があったこと)
3.1万3000年単位のサイクル(2万5920年という歳差運動が正しいのでしょう)
4.いまのところ、地球人全体も個々の原点も
    アカシックレコードにありそうだということ(これが決め手)
5.創造主はあと5000年ぐらいは地球人類をみてくれるようです
    (よくなるように決めているようですが)
6.レプティリアンと考えられる闇の勢力の本体は
    1990年代末に地球域から去った
7.暗号には「愛のコード」と「闇のコード」があるが、
    今度は「悪のコード」は成り立たなくなる可能性が高い
これくらいのことが伝えられたらOKと思って、書き出したのです。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
他に気になったのは
◎アカシックレコードの製作者は宇宙の創造主らしい
◎アカシックレコードは書き換え可能のもよう
◎聖書の暗号の現象は、量子力学の世界と共通する
◎ヘブライ語の22個のアルファベットを
   旧約聖書のモーセ五書のとおりにならべると、
   量子コンピューターのような働きをする
すごいなぁ・・・・・と読みました。
子どもの頃自分の知らない大人の世界がありました。
大人になってその世界が見えてきた頃、
もっと何か違った、私の知らない世界があるかも知れないと思いました。
ひょっとしてこれだったのでしょうか(笑)


ブログランキング応援クリックが更新の励みになります(^-^)/

« 今、できることがあるとしたら・・・何からやる? | トップページ | 竹の子の固い部分がおいしく変身♪ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

不思議なお話ですね~
たしかに、シュレリンガーの波動力学やタキオンや素粒子の世界には
常識では理解できない世界観がありますよね~
わからないからおもしろい、ビッグバンと物理学がいつも私の
頭を乱します。物理学から言えば、ビッグバン以後の
今の自分は必然なのか?

母の日のカーネーションは有名ですが、
父の日の花を知る人は
すくない・・・それもまた事実なんですよね~

おしろいばなが今の私にはいいかも・・・

cherry 茶々さんへ
信じる信じないは私次第なんですが・・・
世の中不思議なこと多いですよね。
きっと偶然♪と思い過ごすけれど
中には偶然ではすまされない奇跡もあったりして。。。
そこが生きてて楽しいところかも^^*

父の日の花・・・
私一瞬“ガーベラ”と思ってしまいました(汗)
次女は、知らない。父の日にお花は似合わないとバッサリcoldsweats01
長女は、バラ!って即答(^-^)/
茶々さん、オシロイバナだと“白浮き”しちゃいますよ(笑)
安くてサラ~っ!をみつけたら絶対UPしてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/39935287

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖書の暗号の大事なポイント』・・・船井幸雄著:

« 今、できることがあるとしたら・・・何からやる? | トップページ | 竹の子の固い部分がおいしく変身♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

最近のトラックバック