フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『言葉で治療する』・・・鎌田實 | トップページ | 心が磁石になっている人は »

『母に歌う子守唄その後わたしの介護日誌』・・・落合恵子

2011年2月20日

2008年2月28日発行・・・2011年2月18日読みました
pen  私の心に残ったこと
こころの内に、静寂と穏やかさと、
   いのちには限りがあるという、
   確かな実感をもって暮らしていく日々は、
   悲しいことではあるけれど、
   ひとの精神状態を豊かにしてくれるものだと
   確信するわたしがいまここにいる

・   『がんばらない』や『あきらめない』の著者であり、
     諏訪中央病院の医師である鎌田實さんと対談
     ⇒「よくやられています。ほんとうにいい介護をされていますね」
     やわらかな口調で鎌田さんにそういわれた瞬間、そう、
     「がらにもなく」、ウッときてしまったのだ
・   頑張りすぎず、けれどあきらめない!確かにそうだ
・   母がほんのりと微笑んだ
     ⇒そうだ、この微笑みを今日一日の幸福の保証にしよう
・   患者やその家族は、あなたのような医師に疲れさせられているんだ
     と、本当はその医師に言ってやりたかったなあ
・   患者と医師、どうしたら同じ景色を共有できるのだろう
     ⇒大事な課題だ

≪箱入り嫁のつぶやき≫
昨日の『言葉で治療する』との共通点が多いです。
“あなたのような医師に疲れさせられているんだ”・・・・・
医師の言葉が毒薬や刃にもなるんですよねbomb
先生には病気に慣れてしまわないで
病気初心者の患者と向き合ってほしいです。。。
諏訪中央病院の鎌田實先生や
聖路加国際病院の日野原重明先生や
野の花診療所の徳永進先生のようにheart04(順不同)



ブログランキング応援クリック!とても励みになります(o^-^o)

« 『言葉で治療する』・・・鎌田實 | トップページ | 心が磁石になっている人は »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/38936670

この記事へのトラックバック一覧です: 『母に歌う子守唄その後わたしの介護日誌』・・・落合恵子:

« 『言葉で治療する』・・・鎌田實 | トップページ | 心が磁石になっている人は »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック