フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『いちにちおもちゃ』・・・ふくべあきひろ | トップページ | あ~あぁ(涙) »

『奇跡の「きくち体操」』・・・菊池和子

2010年9月8日

2009年7月20日発行・・・2010年9月4日読みました
pen 私の心に残ったこと
★毎日体を動かして
  「この体で生きている」という自覚を深めていく。
★動かすところを意識して脳と体とをつなぎます。
★筋肉が動くでしょ。その刺激が骨をつくって、
 
その骨がこんどは血液をつくり始めるんだって。
  神様ってすごぉーい。

・ きくち体操とは自己治癒力を最大限に引き出す動きです
・ きくち体操とは感じる体操
・ きくち体操とは『体の瞑想であり、魂の瞑想』
  ⇒「いのち」に直結する筋肉の育て方
・ 足の指は脳につながっている
・ 手は呼吸する筋肉につながっている
・ 噛めないことは生命力の低下につながる
・ 腹筋は常におなかを引くことを意識するだけでも
  充分育てることができます
・ 骨をつくるには、動かし続けなければならない
・ いつからでも、どんな状態からでも人は良くなれる
♪心と体が生き返る「きくち体操」ベスト16♪
☆良くなっていく喜びが継続するエネルギーになる
<足>

1. 足の指を意識してしっかり立つ
   ⇒いつでもどこでも習慣に

2. 足の指のグーパー⇒指の動きは脳を刺激する

3. 足の指と手の指の握手
   ⇒脳の動きが活性化される

4. 足の指と手の指で握手して足首をまわす

5. 足首を自力でまわす⇒脚全体の力を感じよう

6. あお向けに寝て足首をまわす

<脚>

7. 膝を伸ばす

8. 台を使って脚の後ろを伸ばす

<おなか・背中・脇>

9. 腹筋⇒動かしていないとあぶら身になる

10.両手を後ろで組む

11.脇を伸ばす
   ⇒腕は全体につながっていることを感じとる

<手と腕>

12.手と指のグーとパー⇒脳を刺激し、
   リフレッシュ

13.手の指を1本ずつ動かす⇒脳を活性化する

14.腕で伸びる⇒四十肩を防ぐ

<顔と首>
15.首を育てる→
⇒頭・目・耳がはっきり
             

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「いのち」に直結することに自分で気づき、
感じる体操のようです。
そしてなによりも“継続する”ことが大切!!
菊池和子さん、現在76歳だったかな!?
とてもその年齢に見えない。
私も自分のできる範囲で、
無理をしないで続けられるといいなと思いましたheart01

« 『いちにちおもちゃ』・・・ふくべあきひろ | トップページ | あ~あぁ(涙) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

今はだれも信じないのですが、対人恐怖症であり、虚弱体質な自分がいました。

色々なストレスがあって開発営業時代にジムとの出会いが運動の必要性を思い出させてくれました。
いまどこの筋肉をどのようにしているのか頭をリンクすることこれは大切ですよね。
動かすだけでは効果が薄い。
わかる気がします。

腹筋そのとおりでしょね。最近のずぼらな私にはよくわかります・・?

cherry  茶々さんへ
私も信じられないです(笑)
この本を読んで『意識して動かす』ことの大切さを知りました。
おへそを見る程度の軽い腹筋を毎日続けています^^*
継続!継続!!と唱えながらcoldsweats01

こんにちはsun

<足>の1と2はよくやっています。
電車の中ではつり革や手すりを使わず、
足の指で踏ん張っていますwink
<おなか>を気をつけないといけませんねsweat01

cherry  きっちゃんへ
おはようございますsun
私も大阪に行った時、
電車の中でつり革持たず踏ん張ってみたことありました(笑)
私は毎晩お風呂上りに足裏のツボ押しするんですが
その時足の指と手の指の握手もしたりします。
私のリラックスタイムheart04
<おなか>は最重要課題ですsign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『いちにちおもちゃ』・・・ふくべあきひろ | トップページ | あ~あぁ(涙) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック