フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『微差力』・・・斉藤一人 | トップページ | 高野豆腐で鶏のからあげ!? »

売った後に、また売る

2010年7月24日

--「仕事のヒント」神田昌典365日語録--     No.309

キーワード:
売った後に、何が売れるかを考える。必ず考える。
これだけで売上は簡単に倍になる。

解説:
売って安心するのではなく、
売ったら、次に何を売ればいいのかと即、考えること。
なぜなら、買った人が一番、購入する確率が高いから。
これにより売上アップは確実に図れる。
                              神田昌典

≪箱入り嫁のつぶやき≫
人間は飽きる動物だから・・・商品には寿命がある。
だから、今、出ている商品が消える前に次の商品を出して、
また消える前に次の商品を出してと、
交替しながら、次々出ていかなきゃいけない。
そのために、常に1歩先を読む。

と斉藤一人さんの本『微差力』にありました。
売った後に、何が売れるかを考える。必ず考える。
それが“常に1歩先を読む”ということなんでしょうね^^*
おまけshine
ホント言うと、10年先は誰でも読めるんです。・・・・・・
ただ問題は、一歩先を読む人が少ない。
少ないから、自分が今より1歩先を読むクセをつけちゃえば、
どんどん上にいっちゃうんです。

だそうですよ(o^-^o)

« 『微差力』・・・斉藤一人 | トップページ | 高野豆腐で鶏のからあげ!? »

2.ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『微差力』・・・斉藤一人 | トップページ | 高野豆腐で鶏のからあげ!? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

最近のトラックバック