フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« そろそろ咲くかなアガパンサス | トップページ | 人生の潮流(ちょうりゅう)が変わる瞬間 »

『庭の愉しみ』・・・ヘルマン・ヘッセ

2010年6月25日

1996年6月25日発行・・・2010年6月15日読みました
pen 私の心に残ったこと
自然は寛大であると同時にまた容赦のないものである
・ 木は神聖なものだ。
  木と話をし、木に傾聴することのできる人は、心理を会得する 
・ 私は神が、私の中に存在する事を信じる
・ あるがままの自分自身、それが故郷だ。そこに幸福がある
・ 土と植物を相手にする仕事は、瞑想するのと同じように魂を解放し、
  休養をさせてくれます
・ 老木からさまざまな夢が彼のところにへ降りてきました
  ⇒この老木からまず忍耐を、そして心の平安を教えられ、
    原因を理解することができました

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『土と植物を相手にする仕事は、瞑想するのと同じように魂を解放し、
休養をさせてくれます』・・・・・これは実感です。
土や植物に(私の場合メダカもですが)触れている時、
完全な『無』になっていますshine

« そろそろ咲くかなアガパンサス | トップページ | 人生の潮流(ちょうりゅう)が変わる瞬間 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

良い内容の本ですね〜一足先に読んで感想も頂き感謝です(^人^)本棚に飾ってばかりいないで早く今年中に読みますネ♪(^ー^)私もガーデニング好きですが最近鉢植えがおっくうになってしまって…玄関にはゼラニウムやベゴニア、あと名前忘れたけど葉を鑑賞するアメリカ、メキシコあたりが産地の植物飾ってます。私はターシャの庭に凄くあこがれてます。これからブラックアイドスーザン(ルドベキア)や赤いベルガモット(別名わすれちゃった)がそろそろ咲きそうかなぁ〜まだかなぁって庭をみるのが楽しみです。確かに土いじりはパワーをもらえるし、無になれますよね。心も浄化されます。自然と一体になれるっていうか、本当にいいですよね〜ところで、箱入り嫁さんに教えて頂いた和田裕美さんの新・陽転思考今やっと読み始めたところです。

cherry   モーニンググローリィさんへ
先入観なしで読まれたほうがいいかなぁと、
UPするのとても迷ったんですが・・・
推理小説の結末を言うわけではないからいいかなぁ
とUPしちゃいましたsweat01
もっとちがった意味でのとらえ方もあると思うので
私の感想を忘れて読んでみてくださいねwink
私の場合、モーニンググローリィさんから聞いてなかったら
きっと手にすることはなかったと思うので
貴重な出会いありがとうございました(o^-^o)
私もターシャ大好きですheart02
そして、和田裕美さんにはいつも元気づけられますshine


こんばんはshine

私は土や植物に触れないから、
「無」になれないのかも。。。coldsweats01

cherry  きっちゃんへ
こんばんはshine
好きな景色を見たり
音楽を聴いたり
そんな時も“無”の境地かもheart02
徳永さんも
“瞑想するのと同じように魂を解放”してくれてたりしてwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そろそろ咲くかなアガパンサス | トップページ | 人生の潮流(ちょうりゅう)が変わる瞬間 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック