フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« コバノランタナ | トップページ | ○の効力 »

『パリのおばあさんの物語』・・・スージー・モルゲンステルヌ 【岸惠子 訳】

2010年5月29日

2008年10月1日発行・・・2010年5月28日読みました
pen 私の心に残ったこと
★「おばあさん、もういちど、若くなってみたいと思いませんか?」
  おばあさんは、驚いて、ためらうことなく答えます。
  「いいえ」
  その答えはやさしいけれど、決然としていました。
  「わたしにも、若いときがあったのよ。
  わたしの分の若さはもうもらったの。
  今は年をとるのがわたしの番」

≪箱入り嫁のつぷやき≫
岸惠子さんの訳です。
翻訳はしないという原則を破り、原作者のお許しを得て、
日本人にはわかりにくいところなどは、
私流に書き直したりすることで・・・・・とありました。
また、
苦楽が刻んだしわだらけの自分の顔を「なんて美しいの」
とつぶやくこのおばあさんの、老いと孤独に対する
やわらかく爽やかな生き方はすてきです・・・・・とも。
イラストもよかったし、
このおばあさんのように
「いいえ」と言える生き方をしたいと思いました(o^-^o)
 

« コバノランタナ | トップページ | ○の効力 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun

「いいえ」
と言える生き方しているかな~
まだ間に合いますsign02

cherry きっちゃんへ
こんばんはshine
私がまだ間に合うと思ってるから
きっちゃんは充分間に合うgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コバノランタナ | トップページ | ○の効力 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック