フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 会社の寿命は10年に! | トップページ | 口蹄疫問題  行ってはいけない地域!! »

『鈴の鳴る道』・・・星野富弘

2010年5月15日

1986年12月1日発行・・・2010年5月11日読みました
pen 私の心に残ったこと
長い間、私は道のでこぼこや小石を、
  なるべく避けて通ってきた。
  そしていつの間にか、
  道にそういったものがあると思っただけで、
  暗い気持ちを持つようになっていた。
  しかし、小さな鈴が「チリーン」と鳴る、
  たったそれだけのことが、私の気持ちを、
  とても和やかにしてくれるようになったのである。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
ある方から小さな鈴をもらい、
車椅子に鈴をつけてでこぼこを通るたびに
「チリーン」と鳴るようにしたところ、心持ちが変わった。
死ぬときに後悔すること25』という本に
こんな風に紹介されていたのでじっくりと読んでみました。
ちょっとしたことで人の心って“楽”になるんだなぁheart01
【お気に入り作品】
くちなし』 『キダチベゴニア』 『ニセアカシア

« 会社の寿命は10年に! | トップページ | 口蹄疫問題  行ってはいけない地域!! »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 会社の寿命は10年に! | トップページ | 口蹄疫問題  行ってはいけない地域!! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック