フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 姫うつぎ | トップページ | 『齋藤一人 500年たってもいい話』・・・齋藤一人 »

創造と破壊の間に

2010年4月23日

--「仕事のヒント」神田昌典365日語録--     No.275

キーワード:
破壊と創造の間に、「恋人」という段階がある。
熱中する対象がいると「創造」が進む。

解説:
破壊と創造というが、破壊した後には、
創造がくるのではなく、恋人がくる。
恋人とは、ある理念・哲学・コンセプトに対する熱烈な愛情である。
哲学なくして、創造する場合、そこからは害悪しか生まれない。
                                   神田昌典

≪箱入り嫁のつぶやき≫
ビジネスに限らず何でも
破壊と創造の繰り返しで成長していくと思うので
破壊の後に熱中する対象・・・・・みつけないと♪

« 姫うつぎ | トップページ | 『齋藤一人 500年たってもいい話』・・・齋藤一人 »

2.ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 姫うつぎ | トップページ | 『齋藤一人 500年たってもいい話』・・・齋藤一人 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック