フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 次の段階に入るとき | トップページ | 売れる仕組みをつくる、会社の入口 »

『阪急電車』・・・有川浩

2010年4月27日

2008年12月5日発行・・・2010年4月25日読みました
pen 私の心に残ったこと
電車は、人数分の人生を載せて、
どこまでもは続かない線路を走っていく・・・・・
  恋の始まり、
  別れの兆し、
  そして途中下車・・・・

宝塚駅    ⇒征志、運命の女性に会う。
宝塚西口駅 ⇒翔子、呪いの願をかける。
逆瀬川駅   ⇒時江、犬を飼おうと思う。
小林駅     ⇒翔子、小林駅で途中下車。
仁川駅    ⇒ミサ、別れの覚悟をする。
甲東国駅   ⇒悦子、年上彼の話を披露。
門戸厄神駅 ⇒圭一、初めての恋の予感。
西宮北口駅 ⇒そして、電車は折り返す・・・・・

≪箱入り嫁のつぶやき≫
私にとってこれは久々の大ヒット!!
単なる短編かと思ったらうまく繋がっている♪
素敵な女性がたんさん出てきて
スカッと気分爽快shine
時間をおいて、また読んでみようと思っています。

« 次の段階に入るとき | トップページ | 売れる仕組みをつくる、会社の入口 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはshine

これは私はぜひ読みたい本です。
でも、ハードカバーなんですよねcoldsweats01
持ち運びが。。。
今津線ですね、懐かしいです。

cherry きっちゃんへ
おはようございます!
そんなに分厚くはないですが
ハードカバーですね。。。coldsweats01
でも最高でしたよ(^▽^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の段階に入るとき | トップページ | 売れる仕組みをつくる、会社の入口 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

最近のトラックバック