フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« はじめの一歩を踏もう | トップページ | うまくいったら、気をつけろ! »

『預言者』・・・カリール・ジブラン         船井幸雄 監訳・解説

2010年1月29日

2009年9月5日発行・・・2010年1月25日読みました
pen 私の心に残ったこと
★愛・感謝・助け合い・楽しく自由に生きなさい
  →またすぐに、風のうえでひととき休んだら、
    別の女が私を産み落とす
・ 結婚について
   ・心をあたえあおう。けれど預けきってはいけない。
   ・ふたりで並んで立とう。けれど近づきすぎてはいけない。
・ 子どもについて
   ・子どもに愛をあたえることはできても
    考えまであたえることはできない。
    子どもには子どもの考えがある。
   ・子どもの体を家におくことはできても、
    魂までおいておくことはできない。
・ 喜びと悲しみについて
   ・喜びと悲しみは一緒にやってくる。
    いっぽうがあなたの食卓にすわるとき、
    もういっぽうはあなたのベッドで眠っている。
・ 心の痛みは自分で選んだものがほとんどだ
 →それは自分の中にいる医者が、
   痛んだ心を治療するために処方した、苦い、苦い薬なのだ。
・ 死ぬとは、
  風の中に裸で立ち、太陽に溶け込むことでなくてなんだろう。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
なるほどと思うことばかり!
毎日感謝できることに気づき楽しく生きていきたい(o^-^o)
   
   

« はじめの一歩を踏もう | トップページ | うまくいったら、気をつけろ! »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

「心の痛み」
あぁ、わかる、わかる!
「喜びと悲しみは一緒にやってくる」
に繋がるものがあるのかも。
今日のいい言葉、いただいていきます。

cherry cani2さんへ
喜びも悲しみも痛みさえも
自分で選んでたりして・・・
幸せや喜び!!
選んだもん勝ちwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめの一歩を踏もう | トップページ | うまくいったら、気をつけろ! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村

最近のトラックバック