フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 竹になった!たけのこの里 | トップページ | 大手が動けない間に・・・ »

『プロフェッショナル 仕事の流儀2』・・・茂木健一郎

2009年12月2日

2006年4月30日発行・・・2009年11月8日読みました
pen 私の心に残ったこと
★プロフェッショナル3人
  ・佐藤可士和(アートディレクター)
     ヒットデザインはこうして生まれる

     ⇒高いハードルを越えられる人がプロじゃないですか。
       普通の人にできないことをやるのがプロだから・・・・と
       思うんですけど、自分か゛いいと思うものが、
       実は一番難しくて、ハードルが高いので、
       それをどうクリアしていこうかなと。 
  ・宇都宮健児(弁護士)
      人生も仕事もやり直せる

      ⇒もう少し広く考えれば『他人のために頑張れる、
        一生懸命に仕事をやっている』、
        そういうことなんだろうと思うんです。
  ・古澤明(量子物理学者)
      バントはするな ホームランを狙え

      ⇒どんな状況も楽しめる、
        一見するといやだなと思うどんなものでも楽しめる
        というのがプロフェッショナルの重要な要素だと思います。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
長女が借りていたので読んでみました。
佐藤可士和はさんはユニクロのロゴデザイン。。。
宇都宮健児さんは愛媛出身の方。。。
で、ちょっと読んだのですが
一番高いハードルが自分とか、どんな状況も楽しめるとか、
かっこいいなぁと思いました。

« 竹になった!たけのこの里 | トップページ | 大手が動けない間に・・・ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹になった!たけのこの里 | トップページ | 大手が動けない間に・・・ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック