フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« パシミヤ!? | トップページ | 『思うとおりに歩めばいいのよ』・・・ターシャ・テューダー »

効率的にお礼状が書ける魔法の表現

2009年9月20日

--「仕事のヒント」神田昌典365日語録--     No.123

キーワード:
お礼状を効率的に書けるようになる魔法の表現は
「とりわけ」である。

解説:
たとえば、顧客へのお礼状の典型的な表現は次のとおりだ。
1.感謝
「先日はお忙しい中、お電話でお話しできてとても嬉しかったです」
2.相手を認める
「一言一言が私にとって勉強になりました」
3.具体的な事項を指摘
「とりわけ○○については大変感動致しました」
4.結び「取り急ぎお礼まで。」
このように、○○の部分だけを変えてお礼状を出せば、
非常にパーソナルな手紙が誰でも簡単に書けるようになる。
                                                                       神田昌典

≪箱入り嫁のつぶやき≫
つかえる^^*  いただきgood   お礼は少しでも早く(^▽^)/
お礼は3回っていいますよね・・・ちがったかなぁsweat01
いただいた時、家に帰ってからはがき(メール)で。
そして、次回会った時。。。

               

« パシミヤ!? | トップページ | 『思うとおりに歩めばいいのよ』・・・ターシャ・テューダー »

2.ビジネス」カテゴリの記事

コメント

これはいいことを^^
お礼状って、早く出したいんですけど
文で悩んじゃうんです。
さっそくメモメモ♪♪

cherry zukaさん
私もメモメモですhappy01
“文”で悩む事多いですから。。。
お礼状って早いモン勝ちですものねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パシミヤ!? | トップページ | 『思うとおりに歩めばいいのよ』・・・ターシャ・テューダー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック