フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« きなこもち & 成長のヒント381 | トップページ | 今朝の庭 »

仕事のヒント160『生き残れないビジネス』

2008年10月27日

キーワード:
粗利益・粗利額が低いビジネスは、存続できない。価格をアップせよ。

解説:
価格をアップすれば、販促費用の増加はゼロ、
営業マンの増員もゼロにも関わらず、一瞬にして手元
に残るキャッシュが増える。
しかも、その効果は一瞬で終わるものではなく、
長年にもわたる。二極化が進行するデフレ下において、
価格アップほど効果的・即効性のある経営改善策は、
ほかにない。

                                                 神田昌典

« きなこもち & 成長のヒント381 | トップページ | 今朝の庭 »

2.ビジネス」カテゴリの記事

コメント

粗利率・粗利額が低いビジネスは
存続できない。。。
確かにそうかもしれませんね!

しかし、単純に価格を上げるだけでは
消費者にそっぽを向かれるだけですね。
それと同時に商品の付加価値
その他、サービス面を充実しなければ
なりません。

ようするに。。。
消費者の指標は単純に
「価値」割ることの「価格」
の値の大きいものから
支持されるのですから。

cherry 永田やCOOさん
うーん。
『消費者の指標は単純に「価値」割ることの「価格」の値の大きいものから支持されるのですから。』
消費者の立場にたつとそうです。
商品の付加価値にこそ、磨かれたセンスがひかりますよね。
あーやっぱりCOOさんのお店に行ってみたいです!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« きなこもち & 成長のヒント381 | トップページ | 今朝の庭 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック