フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 7月20日の庭 | トップページ | 仕事のヒント63『成功すると同時に人を見分ける力を』 »

読んでよかった本

2008年7月21日

100%幸せな1%の人々

買ったきっかけ:
2008年2月22日発行。
小林正観さんの本が好きだから。

感想:
読んで気持ちが楽になった。

おすすめポイント:
100%幸せな人とは、思いを持たず、今恵まれていることに気づいて感謝をしている人。
全てを受け入れて、幸せを認識する能力を身につける。
すごく心に響いたのは、
“人生は、1人の人間において自己完結するもの”・・・人にした事もされた事も最終的には自分に帰ってきて帳尻が合うというような意味。
“無敵”・・・正観さんの知的障害のある長女とひとつ違いの次女の幼い頃のやりとり。敵がない・頑張らないという意味がよくわかった。
他に、
あらゆることに不平・不満を言わない。
「気にしない」から「気にならない」になる。
など、私にはすごく役に立つ話が多かった。

100%幸せな1%の人々

著者:小林 正観

100%幸せな1%の人々

« 7月20日の庭 | トップページ | 仕事のヒント63『成功すると同時に人を見分ける力を』 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月20日の庭 | トップページ | 仕事のヒント63『成功すると同時に人を見分ける力を』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

最近のトラックバック