フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 2008年読んだ本(55~65) | トップページ | 成長のコトバ205 »

仕事のヒント349『購買ギャップ理論』

2008年5月3日

キーワード:
想定する期待と、現実のギャップが広がった場合、人間は行動を起こす。

解説:
人間の行動というのは単純で、期待と現実の差からしか生まれない。
このギャップが大きければ大きいほど、心理的に不均衡になる。
そして不均衡を解消するために、お客は行動を起こすわけだ。
だから、期待と現実のギャップを広げるほど、
セールスメッセージの反応は良くなる。

                                                                       神田昌典

« 2008年読んだ本(55~65) | トップページ | 成長のコトバ205 »

2.ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2008年読んだ本(55~65) | トップページ | 成長のコトバ205 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

最近のトラックバック