フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 明日は咲くかな | トップページ | 『悩まない』 »

読んでよかった本

2008年4月8日

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

買ったきっかけ:
2006年9月15日発行。
面白そうだったから。

感想:
悩まなければ記憶力も低下する。悩んだ末に生まれる前向きの明るさがいいらしい。悩みと記憶力に関係があるとは知らなかった。
歳をとっても全ての細胞がダメになるのではなく増殖するものもあるなら、鍛えるしかないと思った。

おすすめポイント:
脳を喜ばせるにはほめること。
重要なのは、ストレス解消ではなく、解消する方法を持っていること。
睡眠時間が少なくても平気な家系もある。
海馬の性能は歳をとっても衰えていない。
最大の敵はマンネリ化。
睡眠は記憶を再構築する。
脳の細胞は増殖する。

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

著者:池谷 裕二

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

« 明日は咲くかな | トップページ | 『悩まない』 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は咲くかな | トップページ | 『悩まない』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

最近のトラックバック